ワイズデザイン一級建築士事務所
Y's DESIGN TOP
WORKS PROFILE CONCEPT CONTACT COLUMN FEE SYSTEM
WORKS
現在進行中のプロジェクト 住宅TOP
静岡の家
物件DATA
用途 場所 規模・構造 敷地/延床面積 構造事務所 施工
二世帯住宅 静岡市 地上3階建/木造在来工法 11.8坪/27.19坪 オンストリーク 織田工務店
Consept
敷地面積12坪弱、極小の2世帯3階建て住宅である。
当初は1階に駐車場を考えていたが、あまりに居住スペースを圧迫する事から今回は
諦めざるを得なくなった。
その分、それぞれの世帯を程よい距離で保つ事が出来たと思う。
階段室上部のトップライトは、1階まで光を落とす光井戸。
屋上にはデッキテラスと展望デッキを配置し、豊かな表情を見せている。
地鎮祭(2012年07月02日)
狭小12坪弱の土地。
仮設テントの短手2間がギリギリの幅である。
今から難工事が予想されるが、土地も神を鎮め、これからの工事の安全を願う。
配筋検査(2012年08月17日)
通常、設備配管は建物の外周に計画するが、狭小敷地の場合は設備配管も非常に頭を悩ませる課題である。ベタ基礎の場合は基本的に外周フーチングは繋げなければならず、ここに設備配管や枡を持ってくる事は不可能である。
構造事務所との協議を重ねてようやく出来た基礎配筋。
まだまだ難工事が続く。。。
中間検査(2012年09月07日)
構造設計者立ち会いのもと、中間検査が行われた。
中間検査とは主に構造の検査で、耐力壁の位置や金物の検査をする。
この日は瑕疵担保保険のJIOの検査も行われた。
検査員も感心する程しっかり施工されており、構造事務所も太鼓判!

またこの日は、施主も半休をとって現場に来られた。
検査結果に満足をいただいたと同時に、構造設計者とも話が出来た事を非常に喜んでいた。
この施主の熱意に、我々も実を持って答えて行かなければならない。
中間検査(2012年10月07日)
敷地面積11坪強の狭小地。
隣家までの距離は30cm。。。足場が建たないので、室内側から外壁工事を行なう。
それにしても上階まで来ると非常に見晴らしが良い。。。南側が小学校なので、想像以上の開放感!

まだまだ難工事が続く、無事の竣工を祈る。  
屋上階段設置 (2012年12月02日)
3階屋上からロフト階展望デッキに至る鉄骨階段及び手摺が取付けられる。
眺望と安全性、道路斜線制限にも掛かる手摺は協議を重ねて最終的にフラットバーで製作。一気に屋上の表情が豊かになった。
 
完了検査(2013年01月16日)
役所の完了検査も終わり、ラストスパートです。

●竣工写真はこちらへ

 
PAGE TOP
※当ホームページに掲載されている文章、画像等の無断転載は禁止しています。 Copyright © Y's DESIGN All rights reserved.