ワイズデザイン一級建築士事務所
Y's DESIGN TOP
WORKS PROFILE CONCEPT CONTACT COLUMN FEE SYSTEM
WORKS
現在進行中のプロジェクト 住宅TOP
東船橋のショールーム
物件DATA
用途 場所 規模・構造 延床面積 設備・電気事務所 施工
ショールーム 千葉県船橋市 地上2階建/鉄骨造 99坪 ALL設備・HY設備設計 地建工業
Consept
去年、駅前に完成した東船橋のオフィス近くにある
ショールームの改装計画。
場所は駅から徒歩10分程の幹線道路沿い、もともとレストランだった建物を改装し使用していたが、本社の新装を機にショールームもリニューアルする事になった。
リニューアルの目玉は2階につくるシアタールーム。
170インチのスクリーンとラウンド高天井、リラクゼーションを追求したソファなど、ここにしかないプレゼンテーションルームをつくる。
外観は第二弾として改装予定。
解体(2011年10月01日)
様々な可能性を追求しながら、幾度となくプラン変更を繰り返し、ようやく着工となった。

1階、2階ともにほぼスケルトン状態に解体する。
外壁も一部増床があり、電気や空調もほとんど入れ替えになるため一週間近く掛かってしまう。同時に内部躯体や下地の有無を確認して、設計図書と照合させる。
この手の解体はすべて手壊しで行うが、空けてびっくり状態があるので、施工会社にとっても緊張の毎日が続く。。。

スラブ開口(2011年11月05日)
中心に来る螺旋階段の為のスラブ開口。

これにより上下空間のつながりが感じられるようになり、1階の低い天井高さも少しは解消されよう。
中心に来るスケルトンのELVとで空間の象徴になる。


螺旋階段設置(2011年11月30日)
エントランス正面の螺旋階段が設置される。

透明シリンダーのELVを中心に昇る螺旋階段は、極力シンプルに、オブジェとしても美しいフォルムを目指した。



内装工事-01(2011年12月08日)
天井の下地工事が急ピッチで進む。

写真は応接室の天井。
もともとの用途が駐車場であった1階は、天井高さが低いので一部天井を張ってスケルトンとしている。
楕円形状は長方形の部屋故のカタチで、大梁下で天井を納めている。

楕円の軽量鉄骨下地に苦労の跡が伺える。


●竣工写真はこちらへ

PAGE TOP
※当ホームページに掲載されている文章、画像等の無断転載は禁止しています。 Copyright © Y's DESIGN All rights reserved.