ワイズデザイン一級建築士事務所
Y's DESIGN TOP
WORKS PROFILE CONCEPT CONTACT COLUMN FEE SYSTEM
CLUMN
池田佳人のコラム
COLUMN TOP
昭和記念公園を歩く 
昭和記念公園に第二の大地が出現した。
人工地盤は土地を有効利用する常套手段であるが、これほど大地に近い人工地盤はあまり記憶にない。ビオトープはやり過ぎな感はあるが、これだけ広い公園を目前に俯瞰出来る屋上庭園としては面白いと思う。コンセプトとしては決して新しくはないが、その構造と程良いうねり感はさすがは伊東豊雄である。これも規則的な構造システムに基づくものだと言う。伊東建築にこの手の建築手法が最近は多いようだが、構造的には「ぐりんぐりん」のようなシェル構造の方がスマートだったような気がする。内部天井の独特なうるささが構造美なのであろうが、吊り下げられたエキスパンドが少々しつこい感じがした。この建築は、仕組まれた屋上緑化によってまだまだ成長(?)すると言う。5年後、あるいは10年後の姿が楽しみである。
※当ホームページに掲載されている文章、画像等の無断転載は禁止しています。 Copyright © Y's DESIGN All rights reserved.