ワイズデザイン一級建築士事務所
Y's DESIGN TOP
WORKS PROFILE CONCEPT CONTACT COLUMN FEE SYSTEM
CLUMN
池田佳人のコラム
COLUMN TOP
横須賀美術館
盆明けの日曜日、打合せも無く時間も空いたので、思い立ったように横須賀へ行く。今年4月にオープンした美術館を目指した。観音崎公園の一画、目前には東京湾が拡がり、時折軍艦が見える。そんな横須賀ならではの絶好のロケーションに軽快なガラスのBOXが出現。その構造はダブルスキンになっており、ガラスの箱内に白い鉄骨の箱が入れ子構造的に存在し、随所に空けられた穴が空からの光を取込む。設計は山本理顕設計工場。プログラムから導き出されるその設計手法と常に軽快な空間を近代素材で造り出している。はこだて未来大学で見たダイナミックな空間構成とは違う、繊細で抜けるような空間がこの美術館では感じられた。一つ残念だったのはレストランの居心地が全体の軽快さと比較すると良くない。美術館への導線とレストランからの視線が交錯しているので落ち着かない。思いきって屋上にレストランの方が導線的にも良かったのではなかろうか。横須賀美術館HP
※当ホームページに掲載されている文章、画像等の無断転載は禁止しています。 Copyright © Y's DESIGN All rights reserved.