ワイズデザイン一級建築士事務所
Y's DESIGN TOP
WORKS PROFILE CONCEPT CONTACT COLUMN FEE SYSTEM
CLUMN
池田佳人のコラム
COLUMN TOP
彷徨える展示―ノマディック美術
お台場に出現した仮設建築物/ノマディック美術館。世界を放浪するその美術館は日本が三カ国目になるらしい。
彷徨える展示はグレゴリー・コルベール氏の写真と映像。動物と戯れる人間がテーマ。と言うより同じ動物同士の対話と言った方が良いかもしれない。セピア色の世界に、人間と相対する事が無さそうな動物達が違和感なく戯れている姿は、同じ大地の生命としての共存共栄と言うテーマを、都市に訴えているのかもしれない。
建築は坂茂氏。最近は活動拠点がグローバルになり、初期に見られた住宅のプロジェクトが見れないのが残念である。
紙管を使った仮設建築は、神戸の震災時に仮設住宅で始めて体験した。また鷹取の仮設教会など、紙管の驚くべき強靱さに驚いたものである。そして今回の美術館。
工業的なコンテナのファサードとは対照的に、内部には紙管で構成された回廊と砕石の床に浮ぶコルベール氏の写真が何とも幻想的で荘厳な空間が出現する。絶妙にコラボレーションされた展示内容と建築空間である。
※当ホームページに掲載されている文章、画像等の無断転載は禁止しています。 Copyright © Y's DESIGN All rights reserved.