ワイズデザイン一級建築士事務所
Y's DESIGN TOP
WORKS PROFILE CONCEPT CONTACT COLUMN FEE SYSTEM
CLUMN
池田佳人のコラム
COLUMN TOP
平成の大改修
久しぶりに目白通りを通る。懐かしい風景、懐かしい時間。。。街路樹の新緑が美しい。
赤坂に移って1年しか経っていないのに、目白台界隈の風景は大昔の何かノスタルジーにも似た感覚を呼び起こす。数年前からのマンション建設ラッシュも一段落したらしい。。。そんな目白通り沿いの椿山荘の向い、東京カテドラル教会の大改修が始まっていた。献堂40周年を記念して始まったプロジェクトで2年掛かりの調査と協議の上、今年から工事が始まった。東京オリンピックの年、代々木体育館と同時期、故丹下健三と構造家の坪井善勝との協働で建設された。日本の近代建築が最も勢いのあった時代である。同時に丹下建築の最高峰と言っても過言ではないであろう。
40年以上の風雨に耐えたその勇姿をいつまでも残して行って欲しいものである。
東京カテドラル聖マリア大聖堂 大改修工事進捗状況
※当ホームページに掲載されている文章、画像等の無断転載は禁止しています。 Copyright © Y's DESIGN All rights reserved.